Trouter

トラウトと自然を愛する男の北海道ライフ  FISHING&CAMPING from north latitude 45°

Fishing イトウのこと

ハイシーズンの渇水

投稿日:

5月は雨が少なく、ホームリバーは渇水気味のまま、下旬のハイシーズンを迎えた。

ハイシーズン前半は人も多く、賑わいを見せていたホームリバー下流域も、人はまばらになっていた中盤戦。

ようやく、ようやくお情け程度の雨が降り、本当に一瞬だけ川が生き返ったタイミング。

 

イトウ89cm

 

「イトウ食堂」と命名したポイントは、イトウが狩りをするのに最適な条件が整っている。そこへ投入した、自作の9cmフローティングミノーを引ったくってくれた、89cmのイトウ。重さはバネ秤を車内に忘れて未計測。シーズン最初は、いつも用意が悪い。

 

スポンサーリンク

 

何とか1匹釣れたものの、やはり状況は芳しくない。

少し上流へ移動し、水通しが良いエリアの「イトウ食堂2」へ入釣。すぐに大型の個体が、先ほどと同じルアーに喰いつくも、横着をしてネットを使わなかった事が仇となり、計測前に川底へお戻りになられた。推定80〜85cm。完全に自己責任である。

 

気を取直し、50m程移動して再キャスト。

何と・・・・

2投して2ゲット。数年ぶりの、いや十数年ぶりの「ワンキャストワンフィッシュ」。

 

イトウ 71cm

 

小さめながら、綺麗な魚体。この睨みつけるような目つきがタマラナイのである。

 

すっかり気を良くしたところでタイムアップ(正午)。この春から娘が一年生になり、私がその気になれば、2時までは釣りができる。

でもこの日は、ここで終了。気分が良いまま、余韻を噛み締めながら、道具の後始末をするのも楽しみな時間。

 

PS:上記理由により、今年からは少しだけ更新頻度が上がりそうです。少しだけ。笑

-Fishing, イトウのこと
-, , , ,

Copyright© Trouter , 2019 AllRights Reserved.