Trouter

トラウトと自然を愛する男の北海道ライフ  FISHING&CAMPING from north latitude 45°

イトウを釣るためのタックル

イトウを釣ってみたいんだけど、ロッドは?リールは?と悩む方は多いはず。アベレージサイズは70cmや80cmでも、不意にくる大物は1メートル以上。せっかく掛かった大物は必ず釣り上げたいですよね!だからタックルは、そこに照準を合わせてセレクトします。

以下の各ページにそれぞれまとめていますので、北海道へ来る前に是非ご覧ください。

スポンサーリンク

#1ロッド編
サーフや河口域の広大なエリア、中上流域のジャングルエリアでは異なるロッドが必要です。各エリアごとのオススメモデルを掲載しています。
#2リール編
ベイト、スピニングどちらも可能ですが、スピニングリールをメインに紹介しています。
#3ライン&フック編
肝心要のライン&フック。ここのセレクトを手抜きしては、絶対に大物は獲れません。

キャッチアンドリリース

イトウは貴重な北海道のネイティブトラウト。故に、釣りをしながら、守る事も同時に考えていただけると嬉しいです。釣ったイトウは目と心とフィルムに焼き付けて、優しくリリースしてあげてください。イトウ釣りはその特性から、釣った後の扱い方やリリース方法に様々な考えがあります。要は釣りをする一人一人が「イトウ愛」を持って接すれば、自然とそれなりの対処ができることと思います。雄大な自然と、イトウを始め、そこに生きる全ての動植物に感謝して、釣りを楽しんでくださいね♪
こちらも合わせてご覧ください。「イトウを釣るならその前に」

人気ページ

1

幻の魚や川の王様なんて「冠」がつくと、釣ってみたくなるのが釣り人の性。レッドデータブックに掲載されているイトウですが、釣り禁止とはなっていません。自分が釣りをするくせに、「イトウを守れ!」だなんて矛盾 ...

2

大きなトラウトを釣ろうと思った時、ロッドやラインの他に、考えなければならない事があります。しかも結構重要なアイテムです。そう、ランディングネットです。大きなトロフィーフィッシュをようやく掛けて、ようや ...

3

湿原の王者/川の王者/日本最大の淡水魚/幻の魚・・・これだけ様々な冠を持つ魚は、他にいないのではないでしょうか。 大きなイトウには神々しい存在感があります。小さなイトウには、将来の可能性を感じます。豊 ...

投稿日:

Copyright© Trouter , 2019 AllRights Reserved.