Trouter

トラウトと自然を愛する男の北海道ライフ  FISHING&CAMPING from north latitude 45°

イトウを釣るためのタックル(リール編)

イトウを釣るための道具をご紹介#1リール編。

リール
3000番〜4000番クラスが必要です。私は全てハイギアタイプを使用していますが、好みで選んで良いと思います。安価なリールでも対応可能ですが、しっかりとドラグが効くリールが良いですね^^

オススメリール(クリックで購入ページへ行けます。)

DAIWA

□一万円以下

レブロス(3000,3012H,3500)
・レブロスは安価ながらトーナメントドラグが搭載されています。現時点ではマグシールドの採用はありませんが、その辺は日頃のお手入れで十分カバーできるのではないでしょうか?

エクセラー(3000,3012H,3500H)
・トーナメントドラグよりも更にスムーズな滑り出しでラインブレイクを防ぐ「ATD」搭載で、更にマグシールドも採用されたエクセラー。定価は一万円オーバーですが、ネットに一万円以下で売っているお店を見つけました♪

LTコンセプト・・・ダイワの新基準「LTコンセプト」。2018年現在販売中のモデルで、1万円以上のモデルに多く採用されています。数字の前に「LT」がつくモデルです。軽量化を計り、かつ耐久性やパワーを向上させているらしいです。数字の後ろに付くアルファベットで様々なタイプが展開されますが、ややこしいのでオススメできる番手のみ掲載します。
ちなみに[C(コンパクトボディ)、P(パワーギヤ)、無し(ノーマルギヤ)、H(ハイギヤ)、XH(エクストラハイギヤ)、DH(ダブルハンドル)。スプールの糸巻き量はSS

例)フリームスLT3000S-CHX
浅溝スプールが付き、普通の3000番より1ランク小さいボディサイズのエクストラハイギヤモデルとなります。

□三万円以下

フリームス(LT3000D-C,LT4000D-CXH)
・LTコンセプトのお手ごろリール「フリームス」。一万円代半ばの価格ながら、性能は◎。LT3000D-Cは中/小規模河川、LT4000D-CXHは大河に。

カルディア (LT4000-CXH)
・中堅クラスながら上位機種に肉薄するカルディア。現在展開中の番手では、LT4000-CHXが中小河川に使えます。

□三万円以上

セルテート(3012H,HD3500SH)
・信頼のリール、セルテート。耐久性の高さに定評がある同リールに、HD(ヘビーデューティー)モデルが仲間入り。長く使いたいなら、ガンガン使い込みたいなら、セルテートがオススメです。

イグジスト(LT4000-CXH)
・ご存知ダイワのフラッグシップ。いや、文句なしです。欲しいけど私には買えません 笑。オススメというか憧れです。

スポンサーリンク

SHIMANO

□一万円以下

ナスキー(4000XG)
・お手ごろ価格でも安心の性能を持つ「ナスキー」。防水機構/コアプロテクトも施されたコストパフォーマンスの高いリールです。

□二万円以下

アルテグラ(4000XG)
・一万円代前半で買える信頼の定番リール。とりあえずやって見たいけど、あまり安いリールも不安なら、アルテグラがオススメです。

□三万円〜四万円

ツインパワーXD(4000XG)
・定価は四万円オーバーですが、ネットでこの価格で発見!ご存知信頼のツインパワー。

□四万円以上

ヴァンキッシュ(4000XG)
・徹底した軽量化とHAGANEボディの剛性を持つヴァンキッシュ。

ステラ(4000XGC5000XG)
・イトウも海アメもシーバスも。マルチにずーっと使えるならステラです。中級機を何代も買い繋ぐ、これを一台買った方が最終的には安くついたり。C5000XGは大規模河川にも魅力的なサイズです。

イトウ釣りには様々なフィールドがあります。湖、沼、サーフ、大河川、中規模河川、広大な河口域〜渓流のような流れまで、全て一つのタックルでカバーするのは、出来ない事も無いですがちょっと厳しいかもしれません。今回はスピニングリールばかりを紹介しましたが、ベイトリールだってもちろん使用可能です。小〜中規模河川ならベイトの方が使いやすいとも言えます。ただ、私自身はベイトリールに関する知識が無いので、ここには何も書けませんが 笑。あぁ〜ベイトタックル欲しいな〜。

参考/筆者愛用リール
大河下流域/セルテートハイパーカスタム3500 中規模河川下流域,大河中流域,湖,沼/ステラ4000XG 中規模河川中〜上流域/セルテート3012H

最後に・・・
今回は全て通販で購入可能なリンクを用意しましたが、私はリールをネットで買いません。各メーカーのオーバーホールは「販売店を通してください」となっていますし、私が行きつけの釣具店店主は、多少の不具合なら自分でメンテナンスしてくれます。何かトラブルが発生した時にも、気軽に相談出来ます。考え方は人それぞれですが、私はリールは対面販売の釣具店で購入する事をおすすめします^^

人気ページ

1

幻の魚や川の王様なんて「冠」がつくと、釣ってみたくなるのが釣り人の性。レッドデータブックに掲載されているイトウですが、釣り禁止とはなっていません。自分が釣りをするくせに、「イトウを守れ!」だなんて矛盾 ...

2

大きなトラウトを釣ろうと思った時、ロッドやラインの他に、考えなければならない事があります。しかも結構重要なアイテムです。そう、ランディングネットです。大きなトロフィーフィッシュをようやく掛けて、ようや ...

3

湿原の王者/川の王者/日本最大の淡水魚/幻の魚・・・これだけ様々な冠を持つ魚は、他にいないのではないでしょうか。 大きなイトウには神々しい存在感があります。小さなイトウには、将来の可能性を感じます。豊 ...

更新日:

Copyright© Trouter , 2019 AllRights Reserved.