Trouter

トラウトと自然を愛する男の北海道ライフ  FISHING&CAMPING from north latitude 45°

Fishing アイテムレビュー

メーターオーバーを獲る為のランディングネットを考える

投稿日:

大きなトラウトを釣ろうと思った時、ロッドやラインの他に、考えなければならない事があります。しかも結構重要なアイテムです。そう、ランディングネットです。大きなトロフィーフィッシュをようやく掛けて、ようやく寄せたら、決着を付けなければなりません。手前が浅瀬ならズリ上げる事もできます。しかし、ドン深のカケ上がりや強烈な瀬だったなら、そうはいきません。

ランディングネットで掬うのです。

スポンサーリンク


少しでも大きな魚を釣ろうと思ったら、ある程度の準備を整えて臨まなければ、いざ掛かったとしても、獲る事は出来ません。常に携行する事を考えれば、背中にネットリリーサーで付けられる物が○。トラウトでは一般的なウッド製のランディングネットが先ず思い浮かびます。サクラマスやニジマス使用されているサイズのネットなら、70cmくらいまでの魚なら掬えます。よく、ビッグサイズやラージサイズとして売られているものです。その上のサイズとして、モンスターですとかエクストララージサイズ等と表記されているランディングネット(海外の大型サーモンや、北海道のイトウに・・・とキャッチコピーが付いています。)なら、メータークラスも掬えます。でも、それですら不足を感じるシーンが多々あります。

例えば足場が高い時、木製では届きません。稀に長い持ち手が付いた、木製ランディングネットを見かけますが、携行性能を考えると、常に長いのも考えもの。やはり、伸縮性が欲しいところです。で、次に思い付くのが、エリアトラウト等で使われるラバーネットこれは魚体にも優しく持ち手も長いのですが、ちょっと浅い。メーターオーバーとなると、難しそうです。それで私が辿りついたのはコレ

1020net2

右下に転がっているものです。110cmも難なく掬えたお気に入りのネット。網部分の素材も柔らかく、魚体に優しそう。そして伸縮する持ち手と深い網。文句なしです。伸縮する持ち手部分が脱着式で、ウェーディングの釣りなら上部のみを外して背中にも付けられます。SMITHというメーカーで出していた物で、10年程前に購入しましたが、残念な事に現在はすでに廃盤となっています。

そこで、私なりに良さそうなネットを調べてみました!


・ダイワのカープ用アイテム。大きさ的には文句なしです!


・ラパラのランディングシャフト。上記リンクはネットもセットですが、ネットはイトウにはちょっと小さめ。しかしながら、このシャフトは気になる。


・プロックスのとにかくデカいランディングネット。これなら絶対掬えます!

さっと見つけられたのはこの位ですが、釣り仲間には、海外からカープフィッシングのネットを、個人輸入した強者もいます。ただ一つ言えることは、見た目だけで選ぶのは危険だという事。だって、一生に一度の大物が掛かったら、絶対獲りたいじゃないですか^^

-Fishing, アイテムレビュー
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© Trouter , 2019 AllRights Reserved.