Trouter

トラウトと自然を愛する男の北海道ライフ  FISHING&CAMPING from north latitude 45°

Fishing 鮭の釣り方解説

鮭を釣る#5浮きルアーの飛距離を伸ばす

更新日:

鮭釣りの定番仕掛ウキルアー。浜辺で横一列に並んで、黙々とキャスト&リトリーブを繰り返しながら、こんな事考えた事はありませんか?

誰よりも遠くへ飛ばしたい・・・

鮭は岸際も回遊するので、誰よりも遠くへ飛ばす=誰よりも釣れるとなる訳ではありません。しかしながら、そんな事は分かっているにも関わらず、競いたくなるのが人間の性。沖に鮭の群れがいるのに、後一歩の所で誰も届かない。なんて状況も、よくあります。必ずしも釣果アップに繋がるとは限りませんが、遠投力がある釣り人にしか釣れないという場合もありますので、今回は飛距離アップについて考えてみましょう。

スポンサーリンク


飛距離は何で決まるのか。
ルアーの飛距離は、竿、リールのライン放出力、ラインの細さ、ルアーの重さ/形状(空気抵抗)、風、キャスティング技術で決まると考えています。

竿・・・長い>短い
ライン放出・・・スムーズ>ヨレヨレ
ライン・・・細い>太い
ルアー(重さ)・・・思い>軽い
ルアー(形状)・・・小さい>大きい
風・・・追い風>向かい風

となります。つまり、長い竿で、細い糸をたっぷり巻いたリールを使い、重くて小さいルアーを追い風でフルキャスト。これが飛距離を伸ばす条件です。ただ、飛距離を伸ばす為に最も重要なのは、キャスティング技術の向上です。竿とリールは好みの問題もあるので、今手持ちの物を使うとして、今回はそれ以外の部分を改善し、飛距離アップを目指しましょう!!!

モーリス アバニ キャスティングPE マックスパワー 2号 (楽天市場)

モーリス アバニ キャスティングPE マックスパワー 2号 (Amazon)

バークレイのファイヤーラインは1.2号でも20lbの強度!モーリス/アバニに至ってはシリーズ最細2号でも33lb!どちらもかっ飛び&しっかり獲れる信頼のラインです。細いラインでサケを獲るポイントはドラグ設定と結束テクに掛かっています。ドラグは強烈なサケの走りにジワ〜っとラインが出るように、結束はビミニツイスト+FGノットがオススメ!ウキルアーとの結束には金具を使わず結ぶのがGood♪リーダーの状況を見て、適切に交換しましょう。面倒臭がらずに。

しっかり飛んでしっかり泳ぐ。ルアーはNorth-X(45g)

私はほぼコレのみ。愛用するコト、早10年!?様々なルアーを試しましたが、最終的に定番のティアドロップ型スプーンに落ち着きました。スプーンはどれも似た形状ですが、中でもNorth-Xはスコーンとかっ飛び、しっかり泳ぎます。


ノースX(スタンダード) 45g スプーン North X SPOON STANDARD 45g <フィールドハンター/FIELDHUNTER>

おすすめカラーは定番のレッドブラックドットとブルーピンクドット!

基本的には赤系とブルー系を持っていれば、それでOKです。あとは好みで数タイプのカラーを持っていれば、心強いでしょう。赤も青も反応しない。そんな時に取り出すシークレットカラーとして。私の場合はブラックとゴールドです。でもゴールドやコパーの鮭スプーンって、少ないんですよね 笑 ノースXではないですが、以下も使っています。

ポイント10倍&クーポン!8/4(日)20:00スタート★ コータック(Coatac) コンデックスキングJr 45g 【MRD】北海道SP 【ラッキーシール対応】【メール便対応】

ウキルアーの餌は小ぶりで

餌の大きさは案外飛距離に影響しますよ!小ぶりにすると、飛距離が伸びます。親指の先端から第一関節までくらいの大きさで十分です。紅イカ、秋刀魚、エビと色々試しましたが、これをカットして使うのが一番無難です↓↓

プレミアム極薄カツオ生[チルド便配送]

・お得な3パックセット、しかもにんにく塩〆でアピール大な製品も

小さめが◎!ウキは空気抵抗を考えて選ぶ


DAIWA アキアジクルセイダーフロート S


DAIWA アキアジクルセイダーフロート M


DAIWA アキアジクルセイダーフロート L

巻くと浮いて、止めると沈む。飛ばす事を考えるならSサイズ。でも、周りの人には見えにくいので、混雑する釣り場では一回り大きいMがおすすめ。漁港など、遠投の必要が無い場所ではLが無難です。

45gの重いルアーを、ロングロッドでフルキャスト。しかしながら、ウキルアーが中々飛ばないのは、これの空気抵抗が原因です。45gのルアーを巻けば浮き上がり、止めると沈む大きさが遠投だけを考えれば◎。ただ、糸が切れた時にはルアーの回収はほぼ無理です。ガイドや糸に傷が無いか確認し、確実・丁寧に結び、ラインブレイクを防ぎます。ちなみに浮きのカラーは蛍光イエローやグリーンより、レッドやオレンジの方が全天候に万能です。

リーダー
浮きを通しているリーダーは、金具を使用せず、結びでメインラインを結束します。こうする事で、リーダーを長くしたとしても、最適な垂らしの長さでキャスト出来ます。垂らしが最適なら、竿にもしっかりと重さが掛かり、飛距離を伸ばしやすくなります。可能なら、結び目をトップガイドから出した時、最適な長さになるようにしておくと飛距離アップ!

サルカン等の金具で結ばない方が、ラインが切れてバラす確率も低下します!

・キャスティングのコツ
・垂らしは重いルアーの場合、ロッドの一番下のガイド程度の長さに。(リーダーの結び目はトップガイドから出す。)
・右腕(利き手側)で振りかぶり、もう一方の手はグリップエンドに添える。
・右腕を真っすぐシャープに振りぬく。この時左手はグリップエンドを身体へ引き付けるように引く。
・11時の位置で指を離し始め、10時の位置で完全に指を離す。
・この位置でロッドの振り抜きを止める。肩~腕~ロッドが全て一体化したかのように、直線化させてフィニッシュしている状態が、遠投時の美しいキャスティングフォーム。

どんどん練習して、砂浜の注目を集めちゃいましょう^^もっとも重要なのは経験です。

-Fishing, 鮭の釣り方解説
-, , , , , ,

Copyright© Trouter , 2019 AllRights Reserved.