Trouter

トラウトと自然を愛する男の北海道ライフ  FISHING&CAMPING from north latitude 45°

ニジマス

呼び名
虹鱒、レインボートラウト

北海道に広く生息するニジマス。シルバーメタリックの体に、赤い帯が映える美しいトラウト。しかし、彼らは北海道にもともといなかった外来種である。1870年代に、養殖目的の為に輸入され、個体数を増やしていった。同じ外来種として、ブラウントラウトが挙げられる。ニジマスは食用としても様々な品種改良が行われており、ドナルドソンやホウライマスなどが存在するが、これらは自然河川には存在しないと考えられる。ニジマスが降海した「スチールヘッド」と呼ばれる個体は、北海道でも確認されている。

スポンサーリンク


魅力
ヒット後のダッシュとジャンプは、非常にスピード感が溢れ、魅了された釣り人は多い。丸い顔や尖った顔、スリムな体型からひし形の幅広な体型まで、様々な容姿を持った個性豊かな個体が多い。青い目を持った個体もいる。

釣り方
ルアー/フライどちらにも好反応を示すが、夏の虫が多い時期は、虫を意識した疑似餌に釣果が集中する。この時期は、どうしてもフライが優位となるが、工夫次第ではルアーでも釣れる。神経質な一面もあるので、川へ近づく際には注意が必要である。

スポンサーリンク

人気ページ

1

幻の魚や川の王様なんて「冠」がつくと、釣ってみたくなるのが釣り人の性。レッドデータブックに掲載されているイトウですが、釣り禁止とはなっていません。自分が釣りをするくせに、「イトウを守れ!」だなんて矛盾 ...

2

大きなトラウトを釣ろうと思った時、ロッドやラインの他に、考えなければならない事があります。しかも結構重要なアイテムです。そう、ランディングネットです。大きなトロフィーフィッシュをようやく掛けて、ようや ...

3

湿原の王者/川の王者/日本最大の淡水魚/幻の魚・・・これだけ様々な冠を持つ魚は、他にいないのではないでしょうか。 大きなイトウには神々しい存在感があります。小さなイトウには、将来の可能性を感じます。豊 ...

投稿日:

Copyright© Trouter , 2019 AllRights Reserved.