Trouter

トラウトと自然を愛する男の北海道ライフ  FISHING&CAMPING from north latitude 45°

Gallery-フィッシング-

色鮮やかなテントが雪原に映えるワカサギ釣り(朱鞠内湖)
朝焼けの雪原(朱鞠内湖)
外は氷点下でもテント内はポカポカ。ワカサギ釣りは寒さが苦手な方にもオススメです。
小さな魚体で臭みがなく、とっても美味しい朱鞠内湖のワカサギ。
夏のイトウを探していたら、良型のアメマスがヒット。
近づいても逃げない良型のアメマス。指でつつくとようやく気付き、一目散に逃げて行きました。
夏の楽しみ"カラフトマス"。暴力的な引き味が醍醐味です。
何に襲われたのか、尾びれが欠けたアメマス。エラ蓋にも傷がありました。
外来種ながら、北海道にすっかり定着したニジマス。ファイトの激しさはピカイチです。
川の解氷面を探してルアーを落とすと良型アメマスがヒット。
アメマスとイトウは、体を立ててヘビのように這うことができます。渇水時は水量豊富なエリアを目指し移動します。
ワニのような顔つきのアメマス。
アメマスは害魚扱いされる事もありますが、数少ない生粋のネイティブ種。北海道のトラウトフィッシングでは欠く事が出来ない存在です。
アメマスは個体差が激しい。この雌は全体が金色に輝いていました。
アメマスの川
アメマスは正面が好き。(個人的に)
3.3kgの60ちょいアメ。イトウかと思った。
previous arrow
next arrow
 
色鮮やかなテントが雪原に映えるワカサギ釣り(朱鞠内湖)
朝焼けの雪原(朱鞠内湖)
外は氷点下でもテント内はポカポカ。ワカサギ釣りは寒さが苦手な方にもオススメです。
小さな魚体で臭みがなく、とっても美味しい朱鞠内湖のワカサギ。
夏のイトウを探していたら、良型のアメマスがヒット。
近づいても逃げない良型のアメマス。指でつつくとようやく気付き、一目散に逃げて行きました。
夏の楽しみ"カラフトマス"。暴力的な引き味が醍醐味です。
何に襲われたのか、尾びれが欠けたアメマス。エラ蓋にも傷がありました。
外来種ながら、北海道にすっかり定着したニジマス。ファイトの激しさはピカイチです。
川の解氷面を探してルアーを落とすと良型アメマスがヒット。
アメマスとイトウは、体を立ててヘビのように這うことができます。渇水時は水量豊富なエリアを目指し移動します。
ワニのような顔つきのアメマス。
アメマスは害魚扱いされる事もありますが、数少ない生粋のネイティブ種。北海道のトラウトフィッシングでは欠く事が出来ない存在です。
アメマスは個体差が激しい。この雌は全体が金色に輝いていました。
アメマスの川
アメマスは正面が好き。(個人的に)
3.3kgの60ちょいアメ。イトウかと思った。
previous arrow
next arrow

アメマス・ニジマス等のトラウトや、氷上のワカサギ釣りの写真を掲載しています。北海道は四季を通して様々な釣りを楽しむ事が出来ます。

*イトウに関する写真は「Gallery-イトウ-」にまとめています。

人気ページ

1

幻の魚や川の王様なんて「冠」がつくと、釣ってみたくなるのが釣り人の性。レッドデータブックに掲載されているイトウですが、釣り禁止とはなっていません。自分が釣りをするくせに、「イトウを守れ!」だなんて矛盾 ...

2

大きなトラウトを釣ろうと思った時、ロッドやラインの他に、考えなければならない事があります。しかも結構重要なアイテムです。そう、ランディングネットです。大きなトロフィーフィッシュをようやく掛けて、ようや ...

3

湿原の王者/川の王者/日本最大の淡水魚/幻の魚・・・これだけ様々な冠を持つ魚は、他にいないのではないでしょうか。 大きなイトウには神々しい存在感があります。小さなイトウには、将来の可能性を感じます。豊 ...

更新日:

Copyright© Trouter , 2021 AllRights Reserved.